スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

昨日初FC2ブログ製作、今日初記事。「許せる卑怯と許せぬ卑怯」

今日は、高校にて、ボランティアの班分けのようなものと説明がありました。

私の班は、ギャル入った奴と主体性の無さそうな奴、そして私で4人班でした。

この班内でリーダーとやらを決めて、そしてその人に指揮をとらすとのこと。

で、この話(先生が班でリーダーを決めろと説明)の途中で

既に、ギャル入った奴が、面倒事を押し付けようと私を呼んでいました。

楽する為に誰かに押し付ける根性が気に入らない。

普段、そういう仕事は特に拒否しない私ですが、この時ばかりは即拒否。

それでもしつこく進めてきやがり、私は計3回、拒否の言葉を発する羽目に。

そして、やっと諦めたかと思えば、じゃぁジャンケンで決めよう、と言ってきました。

それなら誰に決まってもしょうがないわな、とか呟きつつジャンケンするべく集まりましたが

この時点で既に、奴らの考えてる事が判った気がします。

というか、かなりしつこいタイプのクソギャルの割には、あっさり引き下がりすぎなんです。

それが怪しくて、もうこのジャンケンは仕組まれてると確信しました。

恐らく、全員同じ手を出します。そして私だけ負かすつもりです。

まぁ、特に何するでもなく。どうせ何も思いつかず。そのままジャンケンしました。

私の思ったとおりでした。全員グーを出しました。

でも、天は私に味方した。私はパーを出して一人勝ちだったのです。

というか元々確立は2分の1.リスクもあるのにこの馬鹿な作戦はないよな。

それでも卑怯者は感嘆には引き下がりません。

今度は勝った人がリーダーってことで、とか言い出しました。

寝ぼけるな。そう思って私は当然拒否。「ねーよ。」と。

結局、負けた3人でジャンケンして決定したようです。ざまあみろ。

全く、そういう押し付けを最初からしようと動かなければ、おのずと私がリーダーだったのに。

あのギャルはとにかく嫌いです。もう色々通り越した馬鹿だし。

来る高校間違ってるんじゃないかと。養護学校行け。 おっと、養護学校の方々に失礼でした。

ごめんなさい。自重します。

とにかく、そういう事があって気分が悪かった一日です。


気の会う友達の居ない私ですから、さらに学校がつまんなかったです。コイツのせいで。
スポンサーサイト

THEME : 日記
GENRE : 日記

 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。